濃度の高い水素水の方がいいの?

水素水の濃度は高ければいいの?

水素水の濃度は高い方が良いの?

今まで、いくつか水素水についてご紹介してきましたが一見すると水素水は濃度が高い方が良い商品、というイメージがありますよね。

 

特に3.2ppmなど他の商品よりも遥かに水素量が多い商品は、もの凄い商品だというイメージがあります。

 

ただ、色々調べていく中で水素濃度は高ければ高いほど良いというわけではないみたいです。

 

私はそこで疑問に思いました。

 

水素濃度は高い方がたくさん含まれているから良いのでは?

 

低いよりは高い方が体に良いのでは?

 

これは皆さんも思った事ではないでしょうか。

 

今回は、その事実を探る為に水素水の濃度について詳しくみていきたいと思います。

矢印

水素たっぷり申し込み

 

水素濃度はppmで表される!

まず、水素濃度から詳しく見ていきます。

 

水素水を表す基準としてppm…パーツパミリオンという単位が使われます。

 

これは、1?の水に1mgの水素水が含まれている場合に1ppmと表されます。

 

よく見かけるのは、1.0ppm〜1.5ppmの水素水です。

 

このサイトでも紹介している水素水もほとんどのこの数値以内になります。

 

ただ、中には3.2ppmという驚異的な数値をたたき出している商品もあります。

 

一見すると、高濃度水素水ということでとても良さそうな水に見えますが実はそうではなかったのです。

 

 

 

1.57ppm以上の水素水は蓋を開けた瞬間に逃げ出してしまう?

実は、水素水の水素飽和濃度というのは1.57〜1.60ppmといわれています。

 

これは常温・常圧で水素が水に溶ける最大の量を表します。

 

これ以上の水素を水に溶け込ませるには、大きな圧力をかけて密閉する必要があります。

 

つまり、1.6ppm以上の水素水は蓋を開けた瞬間に水素が逃げ出してしまう可能性が非常に高いのです。

 

もちろん、水素濃度が高ければそれに越した事はありませんが、必ずしも濃度が高いものが良い水素水という訳ではなさそうです。

 

 

どれくらいの濃度が理想なの?

水素水は、濃度が高ければ良いというものではないのですが理想の数値があるとしたらどれ位なのでしょうか?

 

今後の参考にしたいという方も、これから水素水を購入する方も是非参考にしてみて下さい。

 

水素水は一般的に、0.6〜1.6ppmの間の濃度で1回の摂取量は300〜500ml、これを朝・昼・晩と三回続けて毎日定期的に飲むのが理想だそうです。

 

一日たくさん飲んだから次の日は飲まなくていいや、というものではありません。

 

少しずつでも定期的に飲む方がより効果を実感しやすいそうです。

 

確かに私も、一回の量はとても少なかったのですがとにかく毎日飲み続けることを目標にして、数週間が経った頃から体の調子が良くなってきたのを実感しました。

 

まずは無理しない程度の量で、飲み続けることが何よりも大切だと思います。

 

 

 

実際に体内に吸収されるのは約2割!

それでは、実際に水素水を飲むことでどれくらいの水素を私達は吸収出来ているのでしょうか?

 

水素水を飲めば、表記されている水素を全て吸収できるのか?

 

ここでは一緒に確認していきましょう。

 

実は、残念な事に水素水を飲むことで私達が吸収できる水素の量は約2割程度なのです。

 

思ったよりも少ないですよね。

 

つまり、どんなに多く水素が含まれている水でも全ては吸収できないという事です。

 

このような結果から、私達は水素水を一度にたくさん飲むよりも小まめに分けて飲む方がより効果的だということが分ります。

 

常に体に水素を送り込むイメージをして頂ければ分りやすいでしょう。

 

 

 

いつ飲むのか効果的?

それでは、出来るだけ水素水を効果的に飲むタイミングをみていきましょう。

 

いつでも好きな時に飲めば、効果を期待出来るというものではなく上手なタイミングがあるので抑えておくと良いですね。

 

まずは、朝起きてすぐがオススメです。

 

朝は一番喉が渇いてしる状態ですので、潤いを保つためにもまず一杯を心掛けましょう。

 

次に食事中、そして外出先から帰ってきた時が最もオススメです。

 

なぜなら胃が動いている間や、活動中は最もエネルギーが発生しやすく活性酸素が大量に発生するといわれているからです。

 

また、私自身やってみてよかったのはお風呂あがりです。

 

温まった身体に水分補給をするという意味でも大事なのですが、何より喉が渇きやすくなるので一度に大量に飲めるという点でもお勧めです。

 

特に私のように一日にそんなに沢山の水を飲めないという方は、是非このタイミングで試してみて下さい。

 

 

 

水素水は容器選びも大切!

水素水は、とにかく開けたらすぐに飲む!が最も重要です。

 

開けたまま放置しておくと、たった1時間で水素の量が半分以下に減少してしまいます。

 

なので、出来ればすぐに飲みきることを心掛けましょう。

 

また、効果的に水素水を飲むためにも大切なのが容器選びです。

 

最近では、パウチ型のものもありますが浄水器やサーバータイプ、ボトル缶タイプといった様々なものがあります。

 

こうした中でもお勧めなのが水素水を逃がしてしまわないように、しっかり水素を保持できるアルミパウチはとてもお勧めです。

 

いつでもどこでも水素水を持ち運べるだけでなく、一定の水素量を保ってくれるという意味で安心・安全ですね。

 

 

水素水効果で選んだランキング!

トラストウォーターランキング

トラストウォーター0001

水素たっぷり申し込み



ビガーブライトランキング

ビガーブライト0002

ビガーブライト申し込み



サラスバランキング

サラスバ0003

サラスバ申し込み