水素水と電解還元水の違いとは?

水素水と電解還元水の違いとは?

水素水と電解還元水とは何がどう違うの?
私がずっと疑問に思っていた事がありました。

それは、電解還元水と水素水の違いです。

 

以前、私が実家暮らしをしていた時に両親が使っていた、電解還元水という水を作り出す浄水器があったからです。

 

こちらの浄水器でつくられた水も水素水と同じように、活性酸素と融合して体に不必要なものを排出してくれる働きがあると聞いていたからです。

 

実際にこの水を2年ほど飲み続けて、病気が治ったという方を私は何人も見てきました。

 

それで、電解還元水と水素水にはどのような違いがあるのか?

 

それぞれの特徴を知りたいと思ったのがきっかけです。

 

もし、皆さんのお家にこのような浄水器がある方は是非参考にしてみて下さいね。

 

 

 

まず製法が違う!

水素水と電解還元水の大きな違いは、その製法にありました。

 

まず、今私が試している水素水は圧力をかけて水に水素水を溶け込ませて作られます。

 

これに対し、電解還元水というのは電気の力によって水を分解し、水素が多く含まれる水と酸素が多く含まれる水に分解するという製法で作られます。

 

同じように見えて実は全く違うのですね。

 

 

 

名前も違う!

それから、電解還元水というのは少し前まではアルカリイオン水と呼ばれていたのですが、最近では名前が変わり一般名称として、飲用アルカリ性電解水と呼ばれています。

 

他にも電解水、アルカリ還元水・還元水素水等様々な呼び名があります。

 

ある一定の基準を満たせば、医療機器として認証されている還元水もあります。

 

このようにいくつか名前が分けられる理由としては、水を電気分解してつくられる水素水なので電解水と呼ばれたり、水素がもつ還元性の高さから還元水と呼ばれることもありますし、電気分解によってアルカリ性の水質に変わるからだとされています。

 

同じような水素水に見えても実は全く違うのですね。

 

 

 

商品によって濃度も様々!

では、どちらを選んだらいいの?

 

という質問には、それぞれの価値観があるのでお答えできませんが、水素水はアルミパウチに入っている商品が多く、持ち運びやすいというメリットがあります。

 

また浄水器で電気分解されたものよりも高濃度な水素水が多いです。

 

ただ電解還元水の場合は、一度浄水器を購入してしまえばいつでも好きな時に出来上がったばかりの水素水を飲む事が出来ますし、長く使えるという特徴があります。

 

また、水素濃度も浄水器によっては高濃度なものもあるのでどんな目的で利用したいのか?

 

これを明確にしておくと良いですね。

矢印

水素たっぷり申し込み

水素水効果で選んだランキング!

トラストウォーターランキング

トラストウォーター0001

水素たっぷり申し込み



ビガーブライトランキング

ビガーブライト0002

ビガーブライト申し込み



サラスバランキング

サラスバ0003

サラスバ申し込み