水素濃度で違いは出るの?

水素水の濃度の違いとは?

水素水は濃度が高い方が効果的なの?
水素水の濃度についてはいくつかご紹介しましたが、濃度が高い方が良いというイメージがありますが、実際はどうなのか?

 

またどういった関係があるのか?

 

もう一度よく知りたい!

 

という方もいると思うので、私が実際に調べてみました。

 

最終的に、水素濃度は1.0ppm以上が最も効果的だと勉強しました。

 

では、どうしてこのようにいわれるのか?

 

それには理由がありました。

 

ある調査で、細胞の生存率と水素濃度の関係を放射線の投射を行い実験してみたそうです。

 

その結果、約0.4ppmまでは水素濃度が大きく関係していたのですがそれ以上である0.4ppmを超えると、濃度がいくら高くなっても結果は変わらないという調査結果が出ているそうです。

 

この理由として、水素がどれくらいあるのかを感知する水素レセプターといわれる水素受容体が数量的に一定だからだとされています。

 

 

1.0ppmを基準に考えよう!

なので、水素水を購入する際に1.0ppm以下の水素水であれば0.4ppmよりは0.8ppmの水素水を購入した方がより効果的だといえます。

 

逆に1.0ppm以上の水素水であれば、1.2ppmの水素水と1.6ppmの水素水の効果はあまり変わらないのです。

 

また残念な事に、水素水を私達が摂取しても約4割しか身体には吸収されてないと言われています。

 

他の6割は、呼吸や吸収によって体外へと放出されてしまうそうです。

矢印

水素たっぷり申し込み

 

水素濃度によって飲む量が変わる?
水素水は、1.57ppmが水素の飽和値なのでそれ以上の水素を含ませようとすれば、かなりの圧力をかけなければなりません。

 

それ以上になる水素水も多く販売されていますが、実際は蓋を開けた時に常圧になった水素が抜け出てしまうといわれています。

 

それでも、水素濃度にこだわりたいという方もいると思います。

 

そのような方は、水素が逃げてしまわない量で一定の期間であれば溶存可能な水素水を選ぶと良いでしょう。

 

例えば、私が購入したビガーブライトEXは一度開封してしまっても48時間は水素が逃げにくい特殊な構造になっています。

 

こうした商品を選ぶことで、無理に飲む量を増やす必要もありません。

 

ただどうしても心配だという方は、できるだけ濃度の高い商品を選ぶと良いですね。

 

中には毎日2?の水素水を飲んでいるという方もいます。

 

飲む量は人によっても様々なので、まずは自分の生活スタイルに合ったものを選びましょう。

 

大切なことは、濃度もそうですが少量であってもとにかく毎日続けることが大切です。

 

こまめに飲むようにしたり、運動後や外出先から帰ってきた時など活性酸素が発生しやすいタイミングをしっかりと見計らって摂取するように心掛けましょう。

 

水素水効果で選んだランキング!

トラストウォーターランキング

トラストウォーター0001

水素たっぷり申し込み



ビガーブライトランキング

ビガーブライト0002

ビガーブライト申し込み



サラスバランキング

サラスバ0003

サラスバ申し込み